FC2ブログ

   → Go to HOT L Official Home Page
   → Go to HOT L YouTube Channel
   → ken1's Blog, Maji-Choron
   → "whats new" Top Page

      HOT L LIVE INFORMATION!!                      

   「HOT L-1 Live!」
   『2011 YOKOTA AIR BASE FRIENDSHIP FESTIVAL』
   2011年8月20日(土曜日)
   在日米軍横田基地内 アウトドアステージ
 HOT L 開演: 15:00
   入場無料!
   *今年も横田の基地祭に参加致します。 モチロン入場無料!

   「HOT L-1 Live!」
   『福生カニ坂ロックフェスティバル 2011』
   2011年8月27日(土曜日)
   かに坂公園/福生
 HOT L 開演: 15:50
   入場無料!
   *そして横田の翌週は、今年もカニザカ!

   「HOT L Live!」
   2011年9月17日(土曜日)
   チキンシャック/福生
 OPEN: 20:00/START: 20:30
   チャージ ¥2000 (w/1 Drink)
   *詳細未定…ken1復活のオリジナルHOT Lはこの日から!

      HOT NEWS!!                           

   HOT Lのファースト・アルバム「BREATH」、iTunes Storeをはじめ、各サイトにて配信開始!
   各アイコンからHOT Lのページにリンクしてます!


               

      

   携帯への「着うた」、「着うたフル」、「待ちうた(メロディーコール)」、そしてauのLISMOのダウンロードも配信開始!

      

   是非チェックしてみて下さい! 電話かけてるのに「ど~して~♪」なんてどうでしょう? 嫌だね…。

   HOT LのファーストCD「BREATH」、通信販売でも好評発売中です!
   ネット販売の詳細等、詳しくはHOT L ホームページ「shop」のコーナーにて!

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

07/10/26 LIVE AT CHICKEN SHACK レポ

2007102901.jpg

 いやはやお久しぶりです、HOT Lの活動レポ! ここのところ、管理人の全くの私的なレポにお付き合い頂き、とても心苦しく…などと言いながら、シツコイくらいに続けさせて頂いたわけですが。

 さてHOT Lですが、先週末の金曜日・10月26日、ホームグランドである福生のチキンシャックにて、約一月半ぶりのライブ…シャックでは実に二ヶ月以上ぶりのライブでございました。
 台風の影響で雨のそぼ降る金曜日のライブ…足元の悪い中、今回も沢山の皆様に足を運んで頂きました。 どうもありがとうございました!
 さて今回のライブなのですが、夏のライブから少しばかりラインナップをいじり、古い曲やら新しい曲を織り交ぜてのライブとなりました。 今日は初めにセットリストのご案内から…。

1. Let Me Down
2. ふるわせたい
3. すれちがいに
4. Never Forget Me
5. Candy Man
6. Shine On Me
7. Drive Me Crazy
8. Swallowtail Butterfly
9. Blackberry

Enc 1. Blues Session
Enc 2. I Follow You

 …1曲目から3曲目までは、BADGE時代にレコーディングした「ふるわせたい」に収録されているラインナップ。 書いていて気付きましたが、曲順も全くそのままで、ラストの9曲目、「BLACKBERRY」がその後に入ると「ふるわせたい」の収録曲全4曲をプレイした事になります。 蛇足ながらその「ふるわせたい」、未だに若干の在庫がございます。 お手元にお持ちでない皆様、この機会に是非!(税込み¥1000)

 …申し訳ございません、まるで宣伝のようになってしまいました。

 さてその3曲目の「すれちがいに」。 この日のライブの為に、先日スタジオにてリハーサルをした際、本当に久しぶりに合わせた曲でございます。 夏にタップリとライブをこなしたせいか、久しぶりのこの曲も、以前と違って新鮮に演奏が出来、今回のライブでのプレイとなりました。 ご覧下さった皆様、どうでしたでしょうか?

 そして8曲目の「Swallowtail Butterfly」。 ken1のソロライブではお馴染みの曲だと思います。
 HOT Lの曲の中では一番新しいこの曲は、去年から今年あたり、数回ライブでも演奏させて頂いていたのですが、1st CD「BREATH」の完成と共に、暫く遠ざかっておりました。 で、同じく今回のリハにて久々にプレイ。 ライブでの演奏と相成りました。 はっきり言いまして、まだまだ未完成…これからどんどんこねられていくであろう曲でございます。 この先のバタフライの成長、ご期待頂きたいと思います。

2007102902.jpg


2007102903.jpg


2007102904.jpg


2007102905.jpg


2007102906.jpg

 もう1曲、ライブのご常連の皆様にはちょっと耳馴染みの無かった曲だと思います…って言うか、セッションなので、今までのライブでやってたわけではないのですが。
 ご存知だと思いますが、HOT Lのボーカリスト・ken1は、日夜忙しく働いております。 ですのでライブ前のお店でのリハにもなかなか参加が出来ずにおります。
 今回のライブもken1を抜かしたテイタラクの3人組でのリハでライブに望みました…ken1君がいないとまるでダメですね。 で、ダメダメ3人組のリーダー、アキヤマLAノリヲさんが、「ブルースをやろうよ。 ちょっとゆるめの。」と、ken1様がいないダメダメリハで、ダメダメ3人組のリーダーシップを発揮し、「始めちゃえばken1もなんとかするでしょ。 適当にやっちゃいましょう。」との魂胆で演奏したのがアンコールの1曲目のブルースでございます。
 丁度出番前に、ken1のネガティブな教習所でのイキサツを聞き、「その話は長くなりそうだから、MCで使っちゃえば。」なんて話していたんですね、ワタクシと王子と二人で。 で、「ken1がいなかったリハ」と、「秋山さん、ソノオ君がいなかった楽屋話し」が、ステージにてミックスされるって事になったんです…それを知っているのは俺(ryu1です)だけだったので、どうでも良いことだったのですが、ライブをご覧になった皆様にも一応ご報告致します。 きっとこのHPを見る事がないソノオ君は、永遠に知らないままだと思いますが…。

 さてHOT L、11月は福生でのライブの調整がつきませんでした。 福生では12月の中旬まで無理そうな感じ…残念です。 ですが、11月にアコースティック・ライブが一本入るかもしれません。 詳細が決まり次第、当HPにて速攻お伝え致します。 暫しお待ちを!

 最後は今日の一杯

2007102907.jpg

 HOT L-1(ホットエル・マイナス1)のリハ(って言うか、この3人がHOT Lで、ken1は王子。 「世良正則&ツイスト」、「モンタ&ブラザーズ」のように、「ken1王子&HOT L」になる日も近いと言うチマタでの噂…。 「敏いとうとハッピーアンドブルー」、「内山田博とクルーファイブ」、「カルロストシキ&オメガトライブ」…はいはい、この辺で。)の後、LAノリヲ様と一緒に行った赤線のラーメンの雄にて頂いた「龍火麺」でございます。 「TORITON」の名前の通り、鶏ガラの醤油と塩ラーメン、豚骨ベースの味噌ラーメンと、どちらもGoodなのですが、この夜は味噌ベースのピリカラをやっつけて参りました。 美味かった。

 最後になりますが、この週末、多数の皆様から「LA紀行、面白かったよ」とのお言葉を頂き調子に乗りました。 どうもありがとうございます。 ちょっと安心致しました。 ほっ。

 あ、忘れてた。 「安室奈美恵 with スーパー・モンキーズ」。
スポンサーサイト



| HOT L ライブ リポート | 22:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅の空 ~Whisky a Go Go

2007101618.jpg

 天高く馬肥ゆる秋…良い言葉でございます。 俄然やる気が出ます。 そんなやる気満々の秋、HOT Lのライブも今週末に近付いて参りました。 今週の金曜日、10月26日でございます。 場所は1ヶ月ぶりのホームグラウンド、福生のチキンシャック。 ヘンリー&ブッカ-ズと国分寺海賊団の皆様との共演。 (そう言えば海賊のボーカル、ダーティー佐藤氏と、この間TSUTAYAで会った…その前はエスパで会ったし。 さすが港々に女をはべらす海賊だ。) 21時頃スタートです。 HOT Lは何番目なんだろ…後で聞いておきます。
 そして11月のライブなのですが、スケジュールの調整がつかず、1ヶ月お休みになるかもしれません。 恐らく福生でのライブは無しになる模様…残念。 ですので10月26日のライブのあとは、丸々1ヶ月以上ライブが無いかもなんです。 是非その辺もご考慮頂き、10月26日のフライデーナイト、福生のチキンシャックまで遊びに来て下さい! 先日ばっちりリハーサルもこなして参りました。 リフレッシュされたHOT Lをご期待あれ!

 …と言う事でまたもや旅のお話。 長々と続けさせて頂いたLA紀行ですが、今回で一応終わりでございます。(まだやるのか!) お付き合い頂いた方々、どうもありがとうございました。

 で、上の写真。 LAの超有名ライブハウス「Whisky a Go Go」でございます。(「Whiskey」ではなく、「Whisky」が正解。)  ここは絶対に行きたかった場所。 今回ここに行けたのは、とても嬉しい事でございました。

2007101620.jpg

 60年代にオープンした老舗ライブハウスです…当初はディスコだったと聞いた気がしますが。 で、天井から宙吊りになったオリの中で、女の子達を躍らせる「ゴーゴーダンス」が流行になり、ストーンズもカバーしたミラクルズの「Going To A Go Go」がヒットするなど、60年代のアメリカを代表するイケてるヤツらが集まるライブハウスでございました。
 Whisky a Go Goと言えば、カリフォルニアのバンドさん達がこぞってプレイした有名な場所なのですが、代表的なのはやっぱりDoorsですよね。 彼らはココで暫くハコバンとして活躍し、メジャーデビューしてったんです。 今回の旅ではDoorsのジム・モリソンが晩年に数年暮らしていたというモーテルにも滞在したりしまして(残念ながらモリソン・ルームはモリソン・オタクにバッチリ押さえられてしまって、別室に滞在したのですが…)、帰国後も映画「DOORS」なんかを再度見てしまいました…すっかりLA熱、Doors熱におかされております。

2007101622.jpg

 70年代位のWhisky。 もちろんDoorsの他にも、ワタクシの中での三大ボーカリストであるオーティス・レディング(彼のWhiskyでのライブはライブアルバムとして出てます)、ジャニス・ジョプリンやジミ・ヘンドリクス。 イギリスからはWhoやらキンクスやらレッド・ツェッペリン。 その後もラモ-ンズやら、ジャム、地元のモトリー・クルーやらバンへイレンやら…とにかくロックの歴史の教科書に出てくるような皆様がこぞってプレイなさったライブハウスなんです。 LAに行ったらWhiskyを訪れるのは、私の中ではマストでございました。

2007101627.jpg

 …で、訪れたのは土曜日の夜。 同行した同居人であり配偶者のたっての希望で、モトリー・クルーのコピーバンド、True2Crueと言うバンドさんのギグでございました。 (写真はニッキー・シックス担当の方。 快く写真を撮らせて下さいました。)

 話を聞いたところ、Whiskyには毎晩6~7バンドが出演するとの事。 日本のライブハウス同様、音源を渡してOKが出たら出演契約。 モチロン平日の早い時間でのライブから始まり、動因が出るようになったら週末へ…みたいな感じだそうです。 やはり日本のライブハウス同様チケットノルマもあり、売れなかった分はバンドさんが負担。 どこも一緒なんですね。

2007101623.jpg

 この日は地元LAのメタルバンドのコピーと言う事もあり、先日お話した80'sブーム、メタル・ブームも手伝ってか、沢山のロックな野郎達が集まっておりました。 先日訪れたKey Clubとは違って、VIPシートやら大型スクリーンがある「イケてるクラブ」って感じではなく、もっとこじんまりとした、まさに「ライブハウス」な感じ…二階席なんかもあったのですが、ずっとロックな感じでした。 もちろんライブハウス・クラスとしたら、とてもとても立派なハコなんですが…。





 …で、すんごいヤツラを発見!





2007101624.jpg

 えー、この方達はお客様でございます。 出演者ではありません。
 同行者であるメタルヘビーが「凄いのがいるよ!」と興奮気味に教えてくれまして、「写真を撮らせてくれ」と言ったら上機嫌でポーズをとってくれたフィンランド(だったかな…とにかく北欧)のロック野郎達(21歳)。

2007101625.jpg

 「ドク! ここはどこ? 今は何年?」と叫ぶマイケル・J・フォックスとデロリアンを探してしまいました…。 彼らに日本から来たと伝えると、「ヘイ! お前ら! コイツ、ジャパニーズだってさ!!」「オー、ザッツ・クール!!」なんて何故だか大喜び…「日本は最高だよ!」「○○○ってアニメは知ってるか?」「X Japanも大好きだ!」「あー日本に行きたいなー!!」なんて大騒ぎでございました。 (因みにこの旅では、ホトンド日本人には会いませんでした。) 大音響の中顔を耳に近付けて、北欧なまりのイングリッシュでホント色々話し掛けてきまして、顔にツバが飛ぶ飛ぶ…楽しかったんですが。

2007101628.jpg

 そしてもう一人目立っていた「モトリー・マダム」。 ノリノリでモトリーで踊っていらっしゃいました。 Key Clubのストリップ・ギャルとは違って落ち着いたブロンズのレディーでして、こちらも写真を一緒に撮らせて頂いたり、ちょっとおしゃべりしたり…LA仕込みのお色気ムンムンでございました。 凄い街だぜLA。

 恐らくHOT Lのホームページなどあまり見ないと思われる、ken1を含むメタルの皆様方、朗報です! LAではメタルは見事に蘇っておりました! ここ数十年細々と流れていたメタルという川の流れは、まるで揚子江のような大河となってLAを流れております! メタル・ネバー・ダイ!…って、俺はメタルでは無いのですが。
 
 いつかWhiskyでライブなんてやりたいものですね…夢ですが…。 最高だろうな。

 …うーん、やっぱりもう一回くらいやるかも、西海岸紀行。

| 番外・管理人の旅日記 | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅の空 ~Sunset Strip

2007101601.jpg

 大分寒くなってきましたね…本格的な秋に突入。 季節の変わり目の風邪ブームも大分落ち着いて来たカンジでしょうか。
 HOT Lの久しぶりのライブもいよいよ来週に迫ってまいりました。 10月26日の金曜日、チキンシャックにて行われます。 明晩はリハーサル。 久しぶりにメンバーと顔をあわせる事となります。 ブレイクも終り、年末に向けてまた少しライブも増えるかな…スケジュールが決り次第、追ってご連絡申し上げます。 取り合えずは来週の金曜日、チキンシャックで僕らと握手!

 で、シツコイようですが、また旅のお話…スミマセン、ネタがあまり無いもので。 今日の一日の僕のお仕事の話とかでも良いのですが、それよりは楽しいかな…と思いまして。

 ビーチのエリアからいよいよハリウッドに! という事で、サンセット・ストリップ(サンセット通り)を東に向かいました。 途中のウエストハリウッド地域には、ライブハウスやら楽器屋やらがあるはず…。
 その前に、イーグルスのホテルカリフォルニアのジャケットにもなった、ビバリーホテルを発見。 上の写真がそうですね。 高級なホテルでございます。 お客様も皆様エレガント。 フェラーリやら、ロールスやら、リムジンやらがバンバンとまっておりました…客のフリをして、ホテルに近付きます。(どう見ても客には見られないでしょうが。)
 …で、朝のウ○コ。

2007101602.jpg

 トイレまで高級。 シンクの横のバスケットには、「手拭き紙」ではなく、「お手拭きタオル」が綺麗に積まれ、フワフワタオルにお手々の水気を吸収させて参りました。 ついでについついシンクの水気も拭き取って綺麗にしてしまう庶民クラスの自分に苦笑い。
 こちらのホテルには、この旅でもう一回ウ○コをしに行かせて頂きました。 サンクス。

 スッキリした後、サンセット・ストリップを更に東に…同居人であり、ワタクシの配偶者である、ヘビーメタルな同行者の旅はここから本番でございます。
 で、出ました「レインボー」。

2007101603.jpg

 バー&グリルのお店で、最近「ヘビーメタル」(*1)から「ヘビーメタボ」(*2)に変身しつつあるローズ君が率いた、「銃と薔薇」のプロモーションビデオにも度々出てくる、「ロック野郎達が集まるバー」でございます。

2007071702.jpg

(*注1-ローズ君・メタル時)

2007071703.jpg

(*注2-ローズ君・メタボ時)

 銃薔薇の何かの曲のプロモーションビデオでは、スラッシュさんのギターソロで、このお店の前をギターを弾きながら滑って行くシーンがありまして(「歩く」のではないんです。 「滑る」んです。 明らかに移動はしているのですが、下半身は全く動かず、大股開きでこの店の前を通るという荒行…さすが銃と薔薇)、すぐに看板でわかりました。
 この通りにはライブハウスやクラブが沢山あり、レインボーの隣は「ROXY Theater」、そしてその先には有名な「Whiskey A Go Go」、レインボーの反対側には「Key Club」と、ホンの数10mの間に乱立しております。 さらに「House Of Blues」やら、「Cat Club」やら、「Viper Room」やら…メタル三昧でございます。

 早速車を止めて、レインボーにて昼食。 ハンバーガーやらを頂いているうちに、ウエイターのお兄ちゃんとすっかり仲良くなり、まだオープン前のバーに連れて行かれ、「写真とか撮れば」なんて勧めてくれます…。

2007101604.jpg

 「November Rain(銃と薔薇の曲)では、ここに誰々が座って…」なんて説明付き…確かにこんなだった。 そして、「メタルが好きなら明日Key Clubに行った方が良いよ。 「Metal Skool」ってバンドが出るのだが最高だぜ!」と強く勧められ、翌日はメタルスクールに入学する事となりました。

2007101606.jpg

 食事を済ませ、さらに東に。 途中で店の前に有名人の手形が沢山並ぶ、LAの名所的な大型楽器店、「ギターセンター」へ。 ワタクシが9000ドルのビンテージテレキャスター等に驚にている間に、手形の持ち主と会ったりして、一緒に写真を撮らせて頂いたりと、同居人であり配偶者であるメタルヘビーは絶好調に突入です。

2007101605.jpg

(左には同居人であり、配偶者であるメタルヘビー・興奮時)
 
2007101610.jpg

 …翌日は数バンド演奏後に0時過ぎから始まると言うメタルスクールに標準を合わせ、Key Clubに向かいました。 後日撮ったKey Clubの写真です。 ポスターのヤツラがMetal Skool。 ご察しとは存じますが、80'sメタルのコピーバンドです。 ラスベガスのハードロックホテルなんかにも定期的に出演する、本格派のメタルコピーバンドのようです。

2007101611.jpg

 …あらあら、アミちゃんユミちゃんも来るんだ。 以前はギャザリーズとかいうライブハウスだったとの事で、その頃はVan Halen様達やら、RATT様達がギグをなさってたとの事。 90年代になってKey Clubへ改装されたのですが、その後も銃薔薇やらBuckcherryやらのイベントでメンバーが集まったりとかしているようです。
 さっそく入り口での金属探知機&ボディーチェックの入念な検査を終え、「月曜日の0時にメタルなんて、絶対ガラガラでしょう…」の予想を見事に裏切り、大盛り上がりの店内へ…。
 思ったよりかなり大きなクラブでして、入り口から入ると左右にバー。 その先は一段低くなり、ホールになっています。 ホールの左右はVIP用のソファーがドカっと並び、正面のステージもかなり広い。 二階にもホールを囲むようにコの字がたのテラスがあってテーブル席が並び、地下を降りると「マッタリするバー」なスペースも…本格的でございます。
 
 で、トイレが凄かった。
 手を洗うシンクが並ぶスペースのシンクとシンクの間に、色とりどりのキャンディーやら、チョコレートやら、ガムやらが、無数のビンやらバスケットやらに入れられて、シンク以外のスペースを埋め尽くしているんです。 用をたして手を洗うと、その横に立っているおじちゃんが、「サッ」と手拭きペーバーを手渡してくれます…なんだこのおじちゃんは。 どうやらこの方は一晩中トイレにいて、スナックを売って、手拭きペーパーを渡したお礼のチップを集めているみたい。 ホント驚いた。

 2バンド位見た後時計は0時を回り、いよいよメタルスクールの演奏開始。
 さすがメインです。 広いなと思っていたステージの奥のカーテンがさらに開き、トゥイステッドシスターの曲と共に、彼らが現れました。 その頃になると、お客様はざっと300人はいたと思います。 で、どう考えても20代の方々ばかり。 LAは今80’s!…っていうか、メタルがかなり盛り上がっているようです。 異常な盛り上がりです。

 …あ、ごめんなさい。 店内カメラ持込禁止だったので、残念ながら画像は無いんです。 で、ちょっと話が変わるのですが、ハリウッドを夜プラプラしてた時の写真。

2007101612.jpg

 ハマーのリムジンです。 十分アリエナイ車なのですが、LAではしょっちゅう走っているので大分見慣れてた頃です。
 ですが…

2007101613.jpg

 車が止まっていた前の店から、アリエナイ方々が続々と…

2007101614.jpg

 「ほらほら、カメラがいるわ。」なんてカンジでポーズをおとりになったり…って言うか、手がメタル!? で、メークにもメタルのエッセンス。 次々とご登場なさり、長ーいハマーにドンドン乗り込んで行きます…

2007101615.jpg

 …うーん

2007101616.jpg

 …凄い

2007101617.jpg

 …アリエナイ。 「ハマー」で「リムジン」で「ブロンド」が「沢山」………で、「メタル」。 凄い街だぜLA。

 さてKey Clubのメタルスクールなんですが、こんな感じの「アリエナイ」LAギャル達がワンサカいらっしゃいました…水着ってのはいなかったですが、それにとても近いくらいの露出度。 で、ブロンド&ボッ・キュン・ボン。
 メタルスクールの前のバンドが終わると、ステージには女性カメラマンがビデオカメラを担いで登場。 そんなギャル達を発見すると、彼女のカメラでステージの上にある大きなスクリーンにギャル達が映し出されます。 その度に客があおって、中にはオッパイ様を「ペロン」とお見せになる方々も…「LAはすげーなー、おい!」なんて思っておりました。
 ですがメタルスクールの演奏が始まると更にヒートアップ。 バンドのメンバー達はそんなギャル達をガンガンステージに上げ始め、ギャル達はお色気ダンスを披露なさるんです。 ストリップだかみたいなヤツ。 ベニスビーチにアキヤマLAノリヲの発祥を感じ、サンセットストリップのライブハウスでは、ken1の嫁(20代のメタル全盛期にLAで遊び歩いたロック嫁。 通称ロケットクイーン)の発祥を確認致しました…彼女がご機嫌な時(シャックでのHOT Lライブ後など)にステージで見せるセクシー踊りはコレだったんだ…。
 でギャル達は、踊りの最中皆様オッパイ様を披露しまくり! (ken1の嫁はそこまではしません。) この夜は何人のオッパイ様を見たのか覚えておりません! 中にはワンピースをスソからたくし上げ、全てをご披露なさるブロンド様も…驚いた事に下には何もつけていらっしゃらず、お毛々もございませんでした…皆さん普通(ではないですが…)のお客様達。 すげーぜLA!!
 
 …と、お姉さま達の事で盛り上がってしまいましたが、メタルスクールの演奏も非常に楽しいものでした。
 LAに来て感じたのは、「メタル」って「いささかとんがった音のカントリー」みたいなモノだなって事。 車でずっとロックのチャンネルを聴いておりまして、モトリーさんと、ZZ Topと、イーグルスと、クラプトンなんかが混ざって流れてくるのですが、全然違和感が無い。 カラっとドライな空気のせいもあると思うのですが、メタルが全然うっとうしくないんです。 「真冬のミゾレ交じりの渋滞中の首都高…で、メタル」とか、「梅雨時期の満員電車での中年男性の隣…で、メタル」とか、「硫黄の香りが旅情をさそう、野沢菜をほおばる信州…で、メタル」を聴くのと全然違います。 (そりゃそうだ。)
 で、どの曲も本当に「ギターの音」が気持ちいい。 アコースティックも含めて。 アメリカは「ギターの国」だと実感いたしました。 「ギター文化」がずっと続いている「ギターの国」だからこそ、「ギターの気持ちの良い音」が米国の方々のDNAに組み込まれているのだと思います。 沖縄にて、沖縄民謡やら沖縄ソングを聴いて、三味線やらの音が心地良いのと一緒なカンジでしょうか。

 てな感じで、Key ClubでのMetal Skoolも非常に楽しめました。 演奏も本当に上手だったし、客とのコミカルな駆け引きだとか、ギターソロで空を飛ぶパフォーマンスだとか…大満足でございました。 
 ボーカル 「We love Heavy Metal!!」
 客 「Yeah!!!」
 ボーカル 「We don't need original songs anymore!!!!!」
 客 「Yeah!!!!!」
 なんて堂々と言ってのける、本物のコピーバンドでしたね…盛り上がっておりました。 ボンジョビとジャーニーが大人気でしたね。(でも皆さんどう見ても20代。 オッサン達の集まりじゃないんだよな…ホント80'sブームなんだろな。) 名前は分かりませんが、ジャーニーのヒット曲(スローなまったりしたヤツです)は皆さんで大合唱でした…アメリカ的ですよね。 でも、その曲でステージに上げられたギャルは、今がチャンスとばかりにそんな曲の最中でもお色気ダンスをご披露。 自分に酔いしれて踊られていたのですが、曲調に全く合っていなくて笑えました。

 そんなKey ClubでのLAナイト。 すっかりワタクシのメタルヘビーへの抵抗も減りつつあり、「ロックをジャンル分けするのはクダラン!」なんて気も起こったりして…っていうか、ジャンル分けしなくても、あの手の曲は若い頃から×だったんですけどね…。

 …もしかしたらつづく

| 番外・管理人の旅日記 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅の空 ~Venice Beach

2007100917.jpg

 8月にリリースしたHOT LのファーストCD「BREATH」ですが、先日から当HPにて、ネット販売も開始致しました。 遠方の皆様、これを使ってBREATHをゲットするしかありません!
 先日来、CD販売部長であるken1が、鬼のように忙しい毎日の合間をぬって、皆様のお手元にBREATHが滞りなく届くよう、神経をピリピリとさせながら任務に従事しております。
 そんなken1の労をねぎらって頂くかのように、CDをお手元にした皆様からのご報告&ご感想メールがken1の手元に届いているとの事…大変嬉しいですね。 是非彼のブログをチェック頂いて、CDのご感想等をご覧下さい。 そしてCDをご購入頂いた沢山の皆様、是非アナタのご感想なんかも頂けると嬉しいです! ご遠慮無くお送り下さい!
 ken1もすっかり気を良くして、これからもずっとCD販売部長を続けていくと聞きません。 彼の忙しい毎日を、もっともっと忙しくさせるよう、皆様のご注文をお待ち申し上げております!

 さて先日書かせて頂いたワタクシの超個人的な情報、アメリカ西海岸の旅のご報告なんですが、本来書きたかった事柄にいきつくまでに、話がダラダラと長くなってしまいました。 今日書かせて頂くのは、その「本来」の方でございます。 先日同様「HOT Lの情報!」ではございません…気が向いた方は暫しお付き合い下さい。

 アキヤマノリヲ発祥の地であるLAに辿り着き、彼のリコメンドであるモーテルに泊まった翌日は、「来て~来て~来て~来て~」でお馴染みのサンタモニカに行き、Junko Sakuradaのイメージと全く違う風景を満喫して、いよいよアキヤマノリヲの総本山であり、サーファーやらスケーターやらのお兄ちゃんや、ローラースケートをするアメリカン・ガールが集まるベニスビーチに車を走らせました。

2007100902.jpg

 ベニスビーチ。 先日も使った写真です…だって先日書こうと思っていたもので、ベニスビーチの事…。

2007100903.jpg

 ビーチ沿いに長く続くサイドウォーク(ま、遊歩道です)は、ビーチサイクルだとかスケートボードで、裸体に近い若者達が行き交い、それに並行して彩り鮮やかなお店が並びます。 「TATTOO」だ「BIKINI」だ…うーん、ウエストコースト。 所々に大道芸人やら弾き語りやらもいて、サンタモニカより全然若者な感じ。 危ない感じもあり(カギが無いトイレは良い方。 大きいのをする方でも、全て扉が無い公衆トイレもありました…なさっている最中のブラックおじいちゃんと目があったりして怖かった)、とても楽しい街でございました。

2007100904.jpg


2007100905.jpg

 駐車場に車を止め、サイドウォークをひたすら歩き、所々でお店に立ち寄って、やっと「VENICE」のゲートまで来ました。 ここでUターンして元来た道を戻ります。 往復3~4時間位かけて、のんびり歩きました…日も大分傾いてきました。

2007100906.jpg

 帰り道に丁度サンセットでございます…美しかった。

2007100908.jpg

 行きの道でも気がついていたのですが、浜辺の奥の方に黒山の人だかり。 よーく耳を傾けると、南国系だか和太鼓系だかも分からない打楽器の音も聞こえてくるような…。 きっと「ポリネシアン・ダンス」とか、そんなのをやってるのかな、くらいにしか思っていなかったので、行き道では横目に見て通りすぎたのですが、帰りにちょっと気になったので行ってみる事に。

2007100910.jpg

 サイドウォークから砂浜を海に向かって歩いて行くと、打楽器系の音はだんだんと大きくなっていきます。 で、驚きました…実はコレ、大人数のセッションだったんです。 しかも打楽器のみの。
 ココに集まっているホトンドの人が、コンガやらボンゴやらの打楽器を叩き、中にはバケツやら、鉄の鍋やら、各々勝手に好きなものを叩いているんです…人だかりの中央から、上に突き出るマラカスをご確認できます?
 皆様勝手に集まって、勝手に帰っていくようです。 暫くセッションに参加したのですが、急にやめてトボトボ帰っていく方や、ビーチサイクルに太鼓片手で参加しに来る方やら…自転車を止めた途端に何も言わずに叩き始めておりました。
 各々の会話はホトンドなかったな。 椅子に座ってビールを飲んでる人や、ずーっと踊ってるオバさんや…なにしろでっかいセッション。 で、誰が先導するでもなく、にわかにビートが変化していったり、リズムが早くなっていったり…鼓動が生き物の呼吸のように変化していくんです。 うねってるんです。
 ベニスビーチの駐車場に車を止めたときには、この人だかりを確認できていたので、4~5時間は入れ替わり立ち代りで続いていたと思います。 なんて言うか、でっかいセッションナイトと言うか、でっかいカニ坂と言うか…。 恐るべし西海岸。 こんな事をいつもなさっているのでしょうか?

2007100911.jpg

 遠くから見るとこんなカンジ。 コレがまさかセッションだったとは…。

 ここ暫く「沖縄の離島」とか、「温泉」とかの、「癒し」方面への旅ばかりだったのですが、今回の旅は「刺激」が沢山ありました。 このセッションもそうですしね。 あと、ドアの無いトイレでウ○コしてたオジさんとの出会いとかも…。 旅のお話ももうちょっと続けようかなと思っております…HOT Lファンの皆様と、メンバーの皆様に怒られない程度にですが。

 本日も最後は「食」でシメさせて頂きます。 この日の晩に頂いた「刺身定食」。

2007100919.jpg

 「海外でナマモノは…」の抵抗も多少あったのですが、二日目にして和食を欲する欲求に負けました。
 和食はホント、いたるところにありました。 二日目は海岸方面からハリウッドに向けての道沿いにあったモーテルに泊まったのですが、コチラはその近所のセブンイレブンのとなりのスシバー。 普通に美味しかったですよ。 サッポロ黒ラベルも美味かったし、レンゲで飲む味噌汁も美味かった。

2007100920.jpg

 これは…野菜ラーメン。 野菜とはブロッコリーの事でした。 何故か豆腐入り。 サマーランドのラーメンみたいで、これはこれで美味しかったですね。

| 番外・管理人の旅日記 | 09:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅の空

2007100901.jpg

 ここのところ滞っていたホームページの更新ですが、トップの画像をUP致しました。
 先日もここにて書かせて頂きましたが、ワタクシ(ryu1です)旅に出ておりました…久々のStates。 アメリカ本土は実に10年ぶりでございました。
 今回は西海岸。 アキヤマノリヲ発祥の地・ロサンゼルスをウロウロして、サンディエゴに行き、またロスに戻って最後はラスベガス…レンタカーだけ日本から予約して、宿はモーテルを探して泊まるその日暮らしのノープランな旅。
 行く先々にてHOT Lのステッカーの写真をとって参りました。 今回UPさせて頂いたのはその時のモノでございます…全部で10種類。 お時間に余裕のある方は、ブラウザの「更新ボタン」をクリックしてみて頂くと、10種類の写真が見られると思います。
 そして先日までトップ画像として載せさせて頂いたマリンさん撮影の「空と翼」ですが、picsコーナーの「top page pics」に引き続き掲載させて頂いております。 今まで皆さんから頂いたトップ画像も沢山ありますので、こちらも是非ご覧下さい。 マリンさんどうもありがとう! 是非また送って下さいね!

 HOT Lのライブも10月26日(金)に決まり、当whats new?もチョロチョロと更新させて頂こうと思っております。 今日は西海岸の旅の模様を少々ご紹介…全くの私事ではございますが、もし興味のある方がいらっしゃいましたら、引き続きお付き合い下さい。

2007100902.jpg

 アメリカやカナダには、20代の頃には数度遊びに行った事がありました。 スノーボードをしに、山方面への旅行が多かったですね。 先ほども書かせて頂きましたが、今回は10年振りの渡米。 宿の予約も取らずに、レンタカーでの旅ってのは初めてでございました。
 渡米にあたってはアキヤマノリヲ様はじめ、沢山の職場の友や同僚に情報を頂き、思ったよりスムーズに旅をする事が出来ました。 ですが成田から10時間かけてLAに辿り着いた時は数ヶ月振りという雨…しかもめったにないという土砂降り。 時差ぼけでデロデロの状態で、空港前からレンタカー屋のシャトルを荷物を引きずりながら探し出し、やっとついたレンタカー屋も結構混んでいまして、何やらカツカツとした感じでございました。
 「左ハンドル・右車線」に不安を覚えておりましたので、車は当初「コンパクト」を予約しておりました…マーチとか位のサイズですね。 ですがワタクシを対応して下さったオッサンが、「サンディエゴやらべガスやらに行くんだったら、それじゃ絶対小さいぜ。 悪い事は言わねえ。 7ドル多く払って「ミドルサイズ」にしときな、坊主。」なんておっしゃるので、「…じゃーそれで。」と予約変更。 「モータープールに車が用意されてるはずだ。」とおっしゃるので、さっそく土砂降りの中、荷物を引きずり歩いて行くと、用意されていたのは超でっかいオープンカー。 係のオバちゃんが「今コレしかないんだよ。 あんたラッキーだね。 ハハハ。」なんておっしゃっております…超アンラッキー。
 直ぐにオッサンの元に戻り、「おじちゃん、アレじゃデカすぎて俺じゃ無理だよ!」と言うと、「オープンカーなんかはあの金じゃ借りれないはずだ、あのババー。 今度はちゃんとしたのを出すように言うから、もう一回行ってみろ。」なんて言われ、再びオバちゃんの元に逆戻り…などとスッタモンダの末に我が相棒になったのは、セドリックとか位のヒュンダイ君でした。
 その後も初めてみる地図(モチロン英語)を、今どこに居るかも分からずに解読しながら、同じ道を行ったり来たりして、ようやくビーチに到着。 初めてのモーテルは、アキヤマノリヲ様のお勧めの、マンハッタンビーチにある所と決めてまして、数時間徘徊しながら、何とか無事に辿り着く事が出来ました…。

2007100913.jpg

 モーテルは中国系やメキシコ系、インド系な感じの方が営んでる所が多く、ここはメキシコ系のイカツ目のお兄様が対応して下さいました。 二階建てのアパートな感じが一般的です。

2007100914.jpg

 モーテルについた頃には、すっかり雨も上がっておりました。 さすがノリヲ・LA・アキヤマお勧めの宿だけあって、安いわりにとても綺麗です。
 モーテルは一泊60ドル~80ドルな感じな所が多かったですね。 高くなると冷蔵庫も付き、安いところはそれなりに…安いところの方が「味」はありましたが。 この数日後にハリウッドのど真ん中のウラにあるモーテル(激安)に二泊したのですが、そこは「味」がかなりありました…。
 玄関先にはブラックのデップリとしたオバ様(オウチを持たない方)が座り込み、古くて薄暗い宿でございました。 外出や帰宅する度に、同じポジションにてオバ様を確認していたのですが、晩飯から帰宅するとオバ様がいなくなっておりました。 部屋に戻るため入り口を入ると、一番初めの部屋のドアが少しだけ開いていまして、真っ暗な部屋からテレビの音とその光りがもれております。 通りすぎざまにのぞいてみると、暗闇の中、さっきのオバ様がベッドにドッカリとお座りになり、小さな室内で、目の前のテレビを眺めております。 部屋は「ゴミ」だか「ゴミじゃないもの」だかがものすごく散乱…スリルのある宿でございました。

2007100916.jpg

 …話を戻してマンハッタンビーチのモーテル。 やっとチェックインも済み、モーテルの目の前のメキシカンフードの店にて晩飯。 「タコスとエンチェラダ、ライス付き」でございます。 ここの料理は美味かった。 コロナとバッチリな相性でございました。

2007100915.jpg

 クタクタになった一日…って言うか、土曜日の昼過ぎに成田を出発して、10時間かけて着いたLAも土曜日のお昼。 長い土曜日もやっとこ終了致しました。

 …うーん、他の話題を書こうと思ったのですが、いきなり初日の話でこんなに長くなってしまいました。 書こうと思っておりましたお話は、次回の講釈で。 引き続きお暇なようでしたら、ちょろっとお付き合い下さい。

| 番外・管理人の旅日記 | 19:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月は26日のチキンシャック!

2007100801.jpg

 食欲の秋でございます。 写真は昭島にある、広島風お好み焼き…とても美味しく、いつも空いているのでお勧めのスポットでございます。

 さて、お久しぶりの更新です。 皆様突然の寒さについていけてますか? そろそろ灯油の用意ですね。
 9月8日のUZUでのライブ以来お休みさせて頂いておりましたHOT Lですが、10月26日(金)にチキンシャックでのライブが決定致しました。 ここ2~3年毎月行っていたチキンシャックでのライブですが、この9月は久しぶりにお休みさせて頂きました。 そして26日のライブが復帰ライブとなります。 7週間ぶりのHOT Lのライブ、是非足をお運び下さい。

 このお休みに、ワタクシ旅に出て参りました。 旅で出会った味覚の一つ…

2007100802.jpg

 予定を組まない旅路で、跳び込みで入ったカフェの「ロースト・ビーフ・ホット・サンドウィッチ」…全く「サンド」出来ておりません。 でもクラムチャウダーは美味かった。 

| HOT L ライブ インフォメーション | 09:38 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |