FC2ブログ

   → Go to HOT L Official Home Page
   → Go to HOT L YouTube Channel
   → ken1's Blog, Maji-Choron
   → "whats new" Top Page

      HOT L LIVE INFORMATION!!                      

   「HOT L-1 Live!」
   『2011 YOKOTA AIR BASE FRIENDSHIP FESTIVAL』
   2011年8月20日(土曜日)
   在日米軍横田基地内 アウトドアステージ
 HOT L 開演: 15:00
   入場無料!
   *今年も横田の基地祭に参加致します。 モチロン入場無料!

   「HOT L-1 Live!」
   『福生カニ坂ロックフェスティバル 2011』
   2011年8月27日(土曜日)
   かに坂公園/福生
 HOT L 開演: 15:50
   入場無料!
   *そして横田の翌週は、今年もカニザカ!

   「HOT L Live!」
   2011年9月17日(土曜日)
   チキンシャック/福生
 OPEN: 20:00/START: 20:30
   チャージ ¥2000 (w/1 Drink)
   *詳細未定…ken1復活のオリジナルHOT Lはこの日から!

      HOT NEWS!!                           

   HOT Lのファースト・アルバム「BREATH」、iTunes Storeをはじめ、各サイトにて配信開始!
   各アイコンからHOT Lのページにリンクしてます!


               

      

   携帯への「着うた」、「着うたフル」、「待ちうた(メロディーコール)」、そしてauのLISMOのダウンロードも配信開始!

      

   是非チェックしてみて下さい! 電話かけてるのに「ど~して~♪」なんてどうでしょう? 嫌だね…。

   HOT LのファーストCD「BREATH」、通信販売でも好評発売中です!
   ネット販売の詳細等、詳しくはHOT L ホームページ「shop」のコーナーにて!

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

来日!!!

 うーんとね、HOT Lの音楽性とは、ちょっぴり離れたところにある彼らなんですが…でもね、一応ワタクシもLAで二回見てるし…。 しかも、去年と一昨年。 彼らの大ファンなみだ…。

2009063001.jpg

 Steel Pantherさん達が来日なさるそうです。

【 STEEL PANTHER LIVE IN JAPAN 2009 】
公演日:8月4日(火)
会場:原宿ASTRO HALL
開場:18:00 / 開演:19:00
チケット代:3,900円 (税込/All Standing/1DRINK別)
発売日:6月27日(土) 10:00 am~、チケットぴあ:0570-02-9999、原宿ASTRO HALL:03-3402-3089
インフォ:クリエイティブマン TEL:03-3462-6969

 なんでオレ告知してるんだろ…。 はー。

 この方達は、80'sに活躍していたメタルバンドの現在の姿より、全くバリバリな80'sメタルでございます。 笑っちゃいます。 以下、去年のLAメタルツアーより抜粋。 あ、何度も何度も何度も何度も言いますが、俺、メタルが好きなわけじゃありません…家族サービス(って、家族は嫁しかいないけど。)中心な旅でございました…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 彼らと別れ、Key Clubへ。 厳重なボディーチェックの後、店内に入りました。 相変わらず凄い人。 ざっと数えてみましたが、300位入っている模様。 だって、月曜日の夜ですよ。 しかも深夜0時。 で、80年代メタルです。 福生じゃ、東京じゃ、いいや、日本じゃ考えられない。 そんな事が、ここロサンジェルスでは起こってるんです、毎週。 去年来た時よりも盛り上がってる。 既に前のバンドは終了。 ステージではセッティングと、ビデオカメラを構えたおにーちゃんが、ホールのギャル達を写しております。 その模様はステージ上の大型モニターに映し出され、観客にあおられたギャル達は、服をめくっておっぱいさんをご披露なさっております…ホント凄い。

 …さてここで、本場LA仕込みのおっぱいさんご披露手順をご紹介。

 ① 恥ずかしそうにはにかんで、「えー、どうしよう…」的にカメラを見つめ、観客の盛り上がり&声援を待つ。
 ② 両手でおもむろにシャツを下からたくし上げる。 (注・ブラジャー着用の方は、それも同時に。 まごまごしてると勢いにかけてしまいます。)
 ③ たくし上げたシャツを持ったまま、腕でおっぱいさんを挟み込み、ヒジを使って持ち上げる。 「寄せて上げて」です。
 ④ その腕を、左右交互に上下させ、おっぱいさんをブルブルさせる。

 …アホか、オレは。

 でもね、本当にミンナこうやるんです。 まるでカリフォルニア州では受験科目になってるかの如く、皆様しっかりとマスター。 どの方もこの方も、この要領でご披露なさるんです。 州ぐるみか…シュワちゃんやるな。 しかし一体何なんだい、キミタチは。 何の為の行為だ、それは? 我が国では見たこと無いぞ…。

2008081809.jpg

 そんなこんなでライブスタート。 前回はTwisted Sisterさんの「We're Not Gonna Take It」ではじける様にスタートしたのですが、今回のライブはモトリーさんの「Kick Start My Heart」! モトリー妻は大騒ぎでございます。 Steel Pantherさん、本当に凄い人気です。 有名人も沢山見にいらっしゃるらしく、メルローズの古着屋のお姉様は、「いーな、ワタシまだ見てないんだー。」なんておっしゃっておりました。 歌唱力、演奏力は皆さんバッチリでございます。 で、MCが面白い。 「LAメタルヒーロー」を演じていらっしゃるので、エロスな内容の事ばかり…アンポンタンなロックスターを演じきっております…確かにアレは受けるだろうな。 曲目は、Motleyをはじめ、Guns、Bon Jovi、Van Halen、 Poisonなどなど…ワタクシでも知っている曲も結構ありました。

2008081811.jpg

 途中、ギターソロでは空を飛び…

2008081810.jpg

 ギャルたちをステージに上げ、躍らせたり…で、再びおっぱい展覧会が催され…とにかく盛上がります。 正直楽しい。 凄く込み合いますが…。

2008081812.jpg

 そしてゲストが登場。 先程Rainbowで会った、DJ Ashbaくんでございます。 よく見れば、VIPシートにはさっきの彼女もいらっしゃる。 やっぱり来たのね、ココ。 配偶者が申すには、Crue Fest、昨日の日曜、そして今夜はオフだとの事。 しかも次のライブもカリフォルニア内なので、もしかしたらモトリーさんの誰かが来るかもと期待をしていたそうです。 残念ながら彼らは来ませんでしたが(来たら凄い事になってたろうな…)、DJ Ashbaくんの登場でも、会場は充分盛上がっておりました。
 そして、クライマックスでのJourney の「Don't Stop Believin'」大合唱…この曲は毎回、異常に盛上がります、ホント。 日本じゃ考えられないところに位置されているのでしょう。 皆さん踊りながら、手を振り上げながら、とにかく大合唱。
 YouTubeで見つけて参りました…会場も同じKey Club。 オレが見た時も、全くコレと一緒でした…。



 …凄いでしょ? コレ、月曜日の午前0時なんです。 笑っちゃうでしょ?
 そしてコチラはモトリーさん…



 まだまだYouTubeに沢山あります…気になる方はチェックしてみて下さい。

 怒涛のライブは、無事終了…何だか凄く疲れた。 配偶者が運転する車にて、Sunset Stripを爆走。 モーテルに戻りました。 こうして4日間連続のライブ(内・メタル3日)も無事に終了。 一生分ヘビーなメタルを聞いた感じでございます…とても楽しかったんですけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以上。 本編を読みたいなと思われた奇特な方は…

 去年のスティールパンサーの記事
 そして一昨年

 とりあえず、彼らの公式MySpaceもリンクしときます。

 http://www.myspace.com/steelpantherkicksass

 を、ご参照下さい。
 四曲聴けます。 笑っちゃうくらいメタル。 80年代メタル。 でも歌が上手いから聴けちゃうんだよな。 ちょっと聴いてみて。 笑えます。

 …なんでオレ、メタルの告知をしてるんだろ? ゴメン、HOT L達…。

 でもね、多分楽しいライブになると思います。 特に、何気にココをチェックなさってるメタル魂が刻まれてる皆様には…どなたか一緒に行きます? 

 アレレ…何言ってるんだ、オレ…
 …RYO君、ケンタロー、シャックに呼んで下さい。

 で、本題。

 ★ HOT L Live! ★
 2009年7月18日(土曜日)
 チキンシャック/
福生 Open: 17:30/Start: 18:00
 Door/¥2000 (w/1 Drink)
 Live: HOT L, Orange Manta, ビンの日, Z旗, みんなーず,
 Chicken Shack Project
 DJ: Kiyoshi, KYO, Kodam 
 福生のお洒落さん達が集まるバー、「レノンフィッシュ」主催のパーティーにお呼ばれ
 致しました!
 イカシタやつらが集まって、楽しい夜になると思われます。 是非遊びに来ちゃって!
 (HOT Lは22時過ぎのスタート予定?)


 これを言いたかったんです。 メタルじゃないけどよろしくね。
スポンサーサイト

| 休息 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初夏のハナ



 今年も咲きました…我が家のサボちゃん。 今年は結構たくさん花芽が出てたので楽しみにしていたのですが、先週末から毎日順番に咲いております。
 毎年ご説明しておりますが、花は夕方から開花開始。 夜中にピークに達し、明け方にはしぼんでしまいます。 そして一晩で終了…一夜限りの開花なんでございます。 そんなのが、毎晩順番に頑張っております。

2009062516.jpg

 コレが20時過ぎの状態。 夜中にひっそりと満開になります。 夢は夜開きます。

2009062517.jpg

 朝になるとコノ状態…6時頃がコレです。 うっかりすると朝コレを見て、「あ、夜咲いてたんだ。」と気が付きます。

2009062512.jpg

 コイツも毎年紹介させて頂いておりますが、ウチのサボの親。 我が職場である「福生の中のアメリカ」にあるサボ…デカさが分かります? 黄色と黒のネジリン棒の上のひさしの下が、建物の入り口のドアでございます。 「立川にあったアメリカ」から、アメリカから日本に返還される時に、枝打ちされて植えられたとの事です。 ソイツの枝をウチに植えて五年。 ウチのサボ子も大分立派になりました。 (→ サボ子の歴史

 職場と言えば…

2009062513.jpg

 最近良く見る雑草のお花。 「家の周りの草むしりが一番の癒しの一時」なワタクシ、雑草チャンとの親交もある程度深いんです。 実はね、雑草にも「生えてくる時期」やら、「開花しちゃう時期」があるんです…当たり前ですが。 初夏のコノ時期には、この花を良く見かけます。 可愛いでしょ? 渦巻きなカンジで咲く花。 なんつー草かは知りませんが…知ってる方、いらっしゃいます?

2009062514.jpg

 我が家のアカバナも咲き始めました…秋山家から嫁にきて数年、この子も大分立派になりました。
 夏が始まっちゃいます。 今年の夏も、HOT L、ちょっぴりライブが増えたりします。 詳細はまた後日。 とりあえずは…

 ★ HOT L Live! ★
 2009年7月18日(土曜日)
 チキンシャック/
福生 Open: 17:30/Start: 18:00
  Door/¥2000 (w/1 Drink)
  Live: HOT L, Orange Manta, ビンの日, Z旗, みんなーず,
  Chicken Shack Project
  DJ: Kiyoshi, KYO, Kodam 
  福生のお洒落さん達が集まるバー、「レノンフィッシュ」主催のパーティーにお呼ばれ
  致しました!
  イカシタやつらが集まって、楽しい夜になると思われます。 是非遊びに来ちゃって!
  (HOT Lは22時過ぎのスタート予定?)

| 休息 | 21:21 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE PARTY

2009062501.jpg

 ソノオに続き、先日ワタクシも晴れて40代の仲間入りすることが出来まして…。 その朝職場に行くと、PCのにメッセージが貼ってありました。
 そして、New 40sと、他の6月生まれのヤツラを肴に飲み食いしようと言う計画が、ワタクシの知らない間に水面下でちゃくちゃくと進行しており…ありがたいことに、HOT L関連、福生関連な大勢の仲間との楽しい夜を過ごさせて頂きました。

2009062503.jpg

 全員で27人…良く入ったものです。 「日本風な家だったら、これはお通夜なカンジの人口密度だね。」と言われ、確かに。

2009062504.jpg

 「一人一品の持ち寄りで」との事だったそうで、チャーハンに、チラシ寿司に、タコライスに、麻婆豆腐に、お肉の紅茶煮に、グラタン×2に、野菜と魚の蒸し物に、お豆腐ケーキに、春巻きに、クワイの肉巻きに、ササミのドレッシンググリルに、肉団子に、マカロニサラダに、トリの竜田揚げに、コーンに、キムチに、梅干に、ラッキョウに、カステラに…食い物の品評会のようなありさま。 酒も各種勢揃いでございました。

2009062506.jpg

 MTVの「ハードロック・カウントダウン100」を見ながら、誰が一位か語り合ったり…

2009062505.jpg

 やはり気心の知れているメンバー…あちらこちらで笑い声があふれておりました。

2009062507.jpg

 「福生の中のアメリカ」からケーキも手に入れてきてくれて…

2009062508.jpg

 ケーキ乳頭入刀の予行練習をしたりと。

2009062509.jpg

 楽しい夜でございました。 夕方の6時頃から集まって、気が付けば翌日の1時。 皆さんありがとうございました。
 そしてさすが分かってらっしゃる皆々様、ばっちりワタクシ好みの茶色い水もタップリ頂きまして…今後我が家に遊びに来てくれる仲間と一緒に楽しみたいと思っております。 ありがとう。

| 休息 | 18:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボンジョビ、バカボン…

 ワタクシはPCに向かって作業中。 配偶者は直ぐそばのキッチンで新聞を読んでおりました。 彼女は一日のシメに、朝刊と夕刊の全てのページに目を通さないと気が済まない人でして、先日も各々「自分の時間」を過ごしておりました。

 「お、ボンジョビだ!」

 そんな事を言っていたと思います…。

 ワタクシ経年と共に、何かの作業や行動を執っていると、その他の物事に気が向かなくなるようになったと言いますか…。 話しかけられたり、他の情報が入ってきても、耳から脳に届き辛くなったり、時には知らないうちに、聴覚がシャットアウトされ、聞こえてなかったりする能力がついてきまして…大分、老的能力が付いて参りました。 ですのでこの時も、後で考えてみると「何か言ってたな」なカンジで、彼女の言葉を受け止めておりました。 「広告でも見てるんだろうな…」くらい。

 彼女は彼女で、誰かに対する情報伝達の用途の他にも、意味も無く発声するといいますか…思った事を誰に伝えるでも無く声にする能力が大分発達していまして、恐らくこの時点ではワタクシに対する発表では無かったかもしれません。 彼女も大分老的能力が育っております。

 「バカボンと一緒なんて、ボンジョビは分かってるのか! ボンジョビはそれでいいのだなのか?」

 (…は? 何を言ってるの??)

 バカボン

2009061601.jpg

 ボンジョビ

2009061602.jpg

 ババーン!

2009061603.jpg

 「本物の興奮がここにある!!」 ボンジョビもとうとうパチスロになったみたいです。

 …モトリークルーじゃなくてよかった。 家庭崩壊になるところでした…。 ワタクシとしては、「パチンコ・ピンクフロイド」とか、「パチンコ・ZZ TOP」とかが出来て欲しい…ZZ、盛り上がりそうじゃない? 「パチンコ・ジョンとヨーコ」はフィーバーするとベッドイン…。

| 休息 | 21:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2009/06/13 HOT L-1 with ShinZi LIVE AT CHICKEN SHACK レポ

2009061401.jpg

 お分かりとは思いますが、この爽やかで可愛らしく、しなやかでツルツルな四人組はHOT Lではございません。 先日のライブでご一緒させて頂いた、オレンジマンタの皆様。 右肩上がりで上り調子なヤツラでございます。 ライブを見る度に、ドンドン良くなってるんだよな…「バンド」として固まって、転がって、今、福生でのこの世代なヤツラの代表格になってると思います。 ご一緒頂き、どうもありがとうございました。

 そしてもう一組、Red Hot Chilli Peppersのカバーバンド、「Hed Rot Pilli Cheppers」もご一緒。 先日の「Fussa House Of Music 音楽発表会」で、バックでベースを弾かせて頂いた長代さんがボーカル。 HOT Lの常連氏も、「レッチリ度が高いレッチリコピーバンドだ。」と、とても楽しんでおりました…またお客さんが沢山…この夜のバンドの集客数は、間違い無く彼らがナンバーワン。 若い女子が黄色い声を上げておりました。 ちょっぴり昔の我らのライブを思い出したりして…。

2009061402.jpg

 この二つのバンドで既に50人近くのお客様だったと思います…モチロン20代中心。
 若い男女の体臭が充満するホール。 HOT Lのライブは三番目、23時過ぎからスタート。 気持ちが良いほどガラっと客層が入れ替わり、非日本国籍な皆様の密度が高い、赤線度が上昇してのライブとなりました…。

2009061411.jpg

 今回のライブはken1欠席での「HOT L-1」に、ギターバトルチャンプのShinZiことツルちゃんを加えた、「HOT L-1 with ShinZi」でのライブ。 前回もご好評を頂き、再度この編成で演奏させて頂く事になりました。 いつもよりちょっとダークで、ちょっと大人なHOT L…しょっぱなからホールにいらっしゃったアメリカンやらアジアンな皆様の腰を振らせるライブが出来まして、梅雨空にぴったりな、重いブルースを引きずりました。

 1. The Session
 2. Rainy Blues
 3. You're Killing My Love
 4. Tube Snake Boogie

2009061404.jpg

2009061405.jpg

 軽いファンクなセッションでスタートして、秋山さんの「Rainy Blues」、「You're Killing My Love」、そしてツルちゃんが歌うZZ Topのナンバー、「Tube Snake Boogie」と立て続けで飛ばしました。 そのセッションからホールは多国籍なダンサーがケツを振ってまして…。 あれよあれよと言う間に、ステージにも登って、ビールを回し飲みさせられ、触られ、絡まれ…。
 ずっとワタクシの目の前で、マンツーマンディフェンス状態で踊っていらっしゃたお姉さまは、演奏中ずっと、どこかに行ってしまった視線でワタクシの目を見つめていらっしゃいまして、終いにはワタクシの髪の毛を両手で掻き揚げて、口付けをお求めになったりと…ワタクシ初めてステージにて接吻を迫られました。 LAメタルヒーローな気分でございます。 ですが、修行の足りないワタクシ、どうして良いのか分からず、そしてなぜかそのお姉さまのお顔にウケてしまい、目をそらして笑いをこらえるのに必死でございました。
 これが狂育委員会のアライツネオ氏やスエヒロヨシオ氏だったら、間違い無くベロベロにレロレロになっていたところでしょう…

 5. いつも通り

2009061406.jpg

 いつもはken1が歌うバラード「いつも通り」、マイナスワンでは秋山さんが歌います。 秋山ボーカルのいつも通りは、密かなファンもいたりして…

 6. Mustang Sally
 7. Jampin' Jack Flash

2009061410.jpg

 ツルちゃんがボーカルでの、マイナーブルース調にカバーした「Mustang Sally」と、アレサ・フランクリン調でのファンキーな「Jumpin' Jack Flash」。 大人なチョイスでしょ?

 8. Little Wing

 秋山さんのジミヘンのカバー。 Little Wingにありがちなロック感を抑えた、メローなバラード調のLittle Wing。 後半は秋山さん作詞の日本語詩。 実はコレで号泣してるレディーがいました。 「瞳を濡らす」では無く、「ユルユルとほほを濡らす」ほどの号泣。

 9. Miss Lonely
 10. Melody

2009061407.jpg

 40代初めてのライブ…

2009061408.jpg

 New Bass…仏壇買ったつもりで、嫁が買ってくれました。

2009061409.jpg

 ツルちゃんのGibsonのセミアコが、またいい感じに絡んでました。 オヤジな常連様には大好評。

2009061412.jpg

2009061403.jpg

 職場のアメリカンガールが始めてライブに来たのですが、「いつもこんなにクレージーなの?」とビビッておりました。 「女の子が、他の女の子の後ろから腰をこすりつけてたりして、とにかく凄かった。」なんて若い兵隊に言ったもんだから、「次のライブはいつか?」と散々聞かれたりして…そんなのは滅多にないとなだめましたが…。

 濃い夜でございました…大人なロックなブルースな夜。 いつものHOT Lとはまた違ったマイナスワン・プラスワンの世界が表現出来たら幸いでございます。 実はこの編成を好んで下さる方、少なくなかったりして、「こっちもまた見たいんだけど、次はいつ?」なんて聞かれたりすることが多々あります…もちろん「いつものHOT Lの方がいいね。」と思われる方もいらっしゃると思いますが。
 今回も沢山のお客様、初めてのお客様や、常連の皆々様、どうもありがとうございました。 そしてツルちゃん、ありがとう。 とりあえず、なかなか調整のつかないken1の穴を埋めるマイナスワン with ShinZiのライブ、機会があればドンドン調整する予定でおります。 今回で、「お、また来ようかな」と思われた皆様、まだ見たことの無い皆様、次のライブも宜しくお願い致します!

 さて次のライブは来月、7月18日(土)のレノンパーティー。 福生のコジャレたヤツラが集まる飲み屋、「レノンフィッシュ」のパーティーにお呼ばれ致しました。 久々のken1復活です。 きっと張り切って来るでしょう。 ken1、待ってるぜ!

 詳細はまた!

| HOT L ライブ リポート | 23:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メープル、ウォールナット、ローズウッド…

 ワタクシはPCに向かって作業中。 配偶者は直ぐそばのキッチンで新聞を読んでおりました。 彼女は一日のシメに、朝刊と夕刊の全てのページに目を通さないと気が済まない人でして、先日も各々「自分の時間」を過ごしておりました。

 「お。 めちゃくちゃ高!」

 そんな事を言っていたと思います…。

 ワタクシ経年と共に、何かの作業や行動を執っていると、その他の物事に気が向かなくなるようになったと言いますか…。 話しかけられたり、他の情報が入ってきても、耳から脳に届き辛くなったり、時には知らないうちに、聴覚がシャットアウトされ、聞こえてなかったりする能力がついてきまして…大分、老的能力が付いて参りました。 ですのでこの時も、後で考えてみると「何か言ってたな」なカンジで、彼女の言葉を受け止めておりました。 「広告でも見てるんだろうな…」くらい。

 彼女は彼女で、誰かに対する情報伝達の用途の他にも、意味も無く発声するといいますか…思った事を誰に伝えるでも無く声にする能力が大分発達していまして、恐らくこの時点ではワタクシに対する発表では無かったかもしれません。 彼女も大分老的能力が育っております。

 「やっぱ木によって大分値段が違うんだねー。」

 この辺になると、ワタクシも「お、オレに何か言ってるな。」と自覚出来ます。 でもまだ、目の前の自分の作業に対して神経が集中されてまして、それに応える余裕がありません。

 「メープルとか高っ! やっぱいい木なんだね。」

 (…メープル? コレの事か?)

2009060609.jpg

 「Gibson Grabber G1 Bass (1974-1982)」
 ボディー、ネック共にメープル使用。
 現在は製作されていないGibsonの70年代のベース。
 市場価格 約¥150,000~¥200,000

 彼女はメタルだの、ヘビーだのは死ぬほど愛しておりますが、ギターの種類やらは全く無知。 ベースを弾く男を旦那に持つのに、未だにベースを弾くマネは、右手と左手が逆になってます。
 何の広告を見てるんだ?

 「げげげ! ウォールナットめちゃくちゃ高ーっっ!」

 (へ?? 何を見てるの???)

2009060612.jpg

 「Fender USA 70's Precision Bass 」
 レアな70年代のウォールナットボディーのプレベ。
 市場価格 約¥200,000~¥300,000。

 …楽器のチラシなんて、新聞の折り込みに入ってるの?

 「あー、キミキミ。 何の広告を見てるんだね?」

 ババーン!

2009060608.jpg

 「…?」

 メープル

2009060606.jpg

 ウォールナット

2009060607.jpg

 …お祀りしやすい広い内陣

 ★ HOT L-1 with ShinZi ★
 2009年6月13日(土曜日)
 チキンシャック/
福生 21:00~
 Door/¥2000 (w/1 Drink)
 w/オレンジマンタ, Hed Rot Pilli Cheppers
 今回のライブもken1欠席。 
 ギターバトルキングのShinZiを迎えての、「HOT L-1 with ShinZi Live!」
 いつもよりちょっとダークでブルージーなライブになると思われます。
 (何気に前回も…特に大人の男衆からはご好評を頂いちゃったりしてます。)
 秋山ボーカル目白押しのライブ! 是非遊びに来て下さい!


 「欲しがってるベースとあまり値段が変わらないじゃん。 仏壇買ったと思って、おもいきって買っちゃえば?」

 …仏壇買ったと思うのは難しい。

| 休息 | 21:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HAPPY BIRTHDAY, SONOO!

 昨日だったんですよね…

2009060801.jpg

 コイツの誕生日。
 別に忘れてたわけじゃないんですが…ま、明日で良いかと。 特に書くことも無いしね…。

2009060802.jpg

 特に書くことも無いので、写真を沢山載せます。

2009060803.jpg

2009060804.jpg

2009060805.jpg

2009060806.jpg

 お誕生日おめでとうございます。 夫になって、初めての誕生日…甘い夜をすごしたのでしょうか。
 一足先に40代ですな…直ぐに追いつきます。 これからも末永くよろしく。

2009060807.jpg

 40代になりたてのホッカホカのソノオも頑張ります。 今週末は…

 ★ HOT L-1 with ShinZi ★
 2009年6月13日(土曜日)
 チキンシャック/
福生 21:00~
 Door/¥2000 (w/1 Drink)
 w/オレンジマンタ, Hed Rot Pilli Cheppers
 今回のライブもken1欠席。 
 ギターバトルキングのShinZiを迎えての、「HOT L-1 with ShinZi Live!」
 いつもよりちょっとダークでブルージーなライブになると思われます。
 (何気に前回も…特に大人の男衆からはご好評を頂いちゃったりしてます。)
 秋山ボーカル目白押しのライブ! 是非遊びに来て下さい!


2009060808.jpg

 是非遊びに来て下さい!


| HOT L メンバー達 | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月の思い出…彼女との出会い。

2009060603.jpg

 6月になると思い出す出来事があります。 今から21年前の6月初旬の金曜日…雨の夜でございました。
 18歳だったワタクシは、今と同じようにバンドでベースを弾いておりまして、この頃は毎金曜日の夜が、立川にあるスタジオにてリハーサルだったんですね…考えてみると20年以上同じような事をしてるんだな。 人生の半分以上だ。
 で、その夜もスタジオでリハーサルを済ませ、まだ運転免許証を持ってなかったワタクシは、その頃の相方であったドラマーに、彼の兄貴から借りてきた、兄貴ご自慢のセドリックY30で、その頃住んでいたワタクシの実家に送ってもらっていました。 行きは電車、帰りは車で送ってもらって…みたいなカンジだったのかな。 6月になったばかりの金曜日の夜。 時刻は午前0時を回った辺り。 雨がしとしと降っておりました。

 福生駅から真っ直ぐ多摩川方面に下っていくと、多摩川を渡るN橋と言う橋がごいざます。 福生の夏の風物詩、「カニ坂ロックフェスティバル」が行われる多摩川河川敷の「かに坂公園」の下流側の一辺を、区切るようにN橋はかかっております。
 橋の向こうは秋川市(当時)。 橋を渡りきったところには信号があり、右に行く道は、多摩川を上るように川沿いに伸びておりまして、そのエリアに住む方の生活道路的な細い道。 真っ直ぐに続く道は、その交差点が起点となって2~300m程度の上り坂になっております。 結構急な坂道で、自転車なら立ちこぎで頑張るのに気合がいる傾斜。 坂の上り始めの右側の一角は採石場。 左側は木々が生い茂り、民家も商店もなく、木々の木立で薄暗い印象がある坂道です。
 駅からも離れていますし、雨の午前0時過ぎ、その夜は対向車もまるで無いような状況でN橋を渡りきり、丁度赤になった信号で車を止めて、ふと前方に目をやった時でございました。

 ぼーっと見ている目の前の状況に違和感を覚えたのですが、はじめは何だかよく分かりませんでした。 何かが木々に包まれてた暗い坂を下ってきます…人? 人に見えるけど何?

 やはり人です。 女性。 近づくにつれ、良く見えてきます。

 年の頃は24、25歳くらいでしょうか…19歳のワタクシ達からみたら、大人のお姉さまです。 周りのジャリタレな女共とは全然違う。 スラっとした、スタイルの良いそのお姉さまは、白いブラウスに黒いタイトスカート、黒いストッキングに黒いハイヒール…つまり白いブラウス以外は全て黒。 その頃の流行なボディーコンシャスなシルエットで、白い傘をさしております。
 髪の毛はその頃流行っておりましたロングのワンレングス。 当時の森高とか、ダブル浅野とか、そんなノリです。 その長くて真っ黒な髪の毛は後ろに垂れてはいませんで、全ての毛先はまとめて右の肩から胸の辺りまで下ろされております。
 色は白く、とても白く、唇には真っ赤な口紅が塗られておりまして…モノトーンなお姉さまの中で、その赤が、唯一発色されてれる部位。 顔立ちはけっして派手では無いのですが、上品な中にも少し淫靡な…と言いますか、どこか不潔なカンジと言いますか…。 何か負なベクトルが働いている印象があります。 赤い口紅のせいだったのかも知れません。

 でね、ここからが少しおかしい状況なのですが…。 まず傘。
 傘はキナリ色の大きめのもので、丸いシルエットの女性用なもの。 柄の部分に籐のツルが巻かれたような、柔らかい印象の傘。 その傘のさし方が変。
 普通皆様が傘をさす時は、下ろした腕をヒジから曲げて、持ち上げたコブシで持つと言うか…脇をしめて軽く持ち上げた状況でさすのが一般的ですよね。 お姉さまは違います。
 横綱の土俵入りで太刀持ちが太刀を持っている状態と言いますか、ワタクシの妻の愛するメタルヘビーのプロモーションビデオにて、洞穴を徘徊するカブキモノなヤカラが持つタイマツの位置と言いますか…とにかく異様に高く掲げるように傘をさしているんです。
 そして歩き方も変。 通常より少し広めなストライドで、でもスピードは遅め。 明らかにどこかに行くために急いでる風ではなく、でもお散歩をなさっているカンジでもございません。
 で、一番変なのはと言いますと… そのお姉さま、センターラインを歩いていらっしゃるんです。 明らかに変。

 運転をしていた相棒は完全にブルっちゃっいまして。 「ヤベーよモリタ。 ヤベーよ。」を繰り返しております。 信号が変わる頃にはお姉さまは完全に交差点に差し掛かっている状況で、このまま放っておくと、ブルった相棒は急スピードで逃げるように車を発進させるに違いありません。
 その頃のワタクシはと申しますと、国家やら何やらの、上からの権力には必ずイチャモンをつけ、パトロールするポリ様達がいると、用も無いのに臨戦態勢で話しかけ、気に入らない(勝てそうな)若者達には、ストリートでもインドアでも、いつでもファイト一発OKな、ワタクシの人生の中で一番シャープにとがっていたナイフな少年でございまして、納得のいかない事はことごとく解消しないと気が済まず、まさかこのまま通り過ぎて、お姉さまとの永遠(とわ)の別れをチョイスする事などありえませんでした。
 「大丈夫だよ、あれは人間だ。 霊とかタヌキとかイタチじゃない。 なんでこんな事をしてるのか聞いてみようぜ。」
 相棒をなだめ、ゆっくりと車を進ませるように指示致しました。

 でね、先ほどより「なんだろ?」と思っていたのですが、お姉さまの右手、傘を持っていない方の腕の状態が変なんです…何かを抱えている様子。 左手は太刀持ちのように掲げる傘、 右の胸の前には黒く真っ直ぐな髪の毛、そしてその両方の間の部分を埋めるように、右手で何かを抱えてます…まるで片手だけで赤ん坊を抱きかかえるかのように…。

 近くに行ってね…分かったんです。 花束。 大量の花束。 で、全部白いユリ。

 花屋さんなんかで花を買うと、ファンシーな色のラッピングペーパーなんかで花を包んでくれるでしょ? そんなカンジのファンシーな紙とか、新聞紙とかなどでは包まれていない、「生の花」な状態。 大量の束になった緑色のクキを、大きく腕を回すように抱え込んでいるんです。 高く掲げられた傘は、その花を濡らさないようにしているかのごとく位置されておりました。

 ゆっくり進みお姉さまの横に並びます。 センターラインを進んできたお姉さまは、助手席にいたワタクシにも良く確認出来ましたが、運転席にいた相棒からは、本当に息のかかるような位置になりました。 「窓を開けろよ!」と相棒に言いますが、ヤツは完全に怖気づいて、一向に窓を開けません。

 その瞬間です。 前方を凝視していたお姉さまの視線は、ゆっくりとこちらに向けられ…

 「ニヤリ」

 と笑ったんです。 俺達を見て…

 「ダメだ! もうダメだ!」

 相棒は車を急発進して、その場から逃げ去るように車を走らせました。 

 「おいおい! 落ち着けって! 絶対アレはおかしいよ。 とりあえず戻って確認しようぜ。 あのままだと納得いかないだろ!」

 「いいよ別に。 ヤダよ。 こえーよ。」

 そんな会話をくり返し、やっと相棒を説得させて車をUターンさせました。 絶対にもう一度お姉さまの存在を確認して、奇行のわけを聞かずにはおれません。

 坂を上りきった、河岸段丘に広がる畑で車をUターンさせ、もう一度坂を下り、お姉さまの存在を再度確認した時には、彼女は既に橋の上…先ほどと同じような歩みでセンターラインを進んでおります。

 「な、霊とかじゃないだろ。 俺、話しかけるからさ、行き過ぎて、橋の向こうでもう一度Uターンしてくれ。」 

 相棒は従います。
 福生側に戻った車は次の信号で再びUターン。 でもね、この間に一台も対向車は無く、人っ子一人会わなかったんです。 急いで橋に戻ります。

 もう一度N橋を渡り始めた時には、既にお姉さまは橋の中ごろまでいらっしゃっておりました。 先ほどと違って、コチラも前に進んでいるので、お姉さまと我々の距離は急速に近づきます。

 「ゆっくり進んで」

 相棒に頼んで、歩くよりも遅い速度でお姉さまに再接近。 再び彼女の横に並びかけました。
 …ところが。

 お姉さまはじっと…と申しますか、「これ以上開かない」くらいな状態で両目を「ガッ」と開き、ご自分が歩く5mほど先のセンターラインを凝視し続けているんです。

 …めちゃくちゃ怖い。
 でね、それ以上怖かったのが…

 それと同時にですね、やはり「もうこれ以上は開けません」な勢いで、真っ赤に塗られた唇が印象的な彼女のお口も、裂けてしまうかのように大きく開けられていたんです…。 そんな顔の人、見た事あります?
 彼女はその状態で、今度はこちらを一切見ません。 大めな歩幅で、ゆっくりとした速度で、傘を掲げて、ゴロンとした無数のユリを抱きかかえて…目を見開き、口を大きく開いて、足元数メートル先を見つめながら歩いて行きます。

 めちゃくちゃ怖い…

 結局そんな状況のお姉さまを確認した直後、相棒は無言で車にスピードを乗せて逃げ去りました。 彼に目をやると、小刻みに振るえております。 「もう一回戻ってみようぜ」と言っても絶対無理だと判断したワタクシは、その後は彼に何も言いませんでした…。

 さて本題です。 2009年、そんな素敵な6月の出会い、6月の思い出を、アナタも作ってみませんか?

 ★ HOT L-1 with ShinZi ★
 2009年6月13日(土曜日)
 チキンシャック/
福生 21:00~
 Door/¥2000 (w/1 Drink)
 w/オレンジマンタ, Hed Rot Pilli Cheppers
 今回のライブもken1欠席。 
 ギターバトルキングのShinZiを迎えての、「HOT L-1 with ShinZi Live!」
 いつもよりちょっとダークでブルージーなライブになると思われます。
 (何気に前回も…特に大人の男衆からはご好評を頂いちゃったりしてます。)
 秋山ボーカル目白押しのライブ! 是非遊びに来て下さい!


 来週の土曜日、4人の淫靡な男どもが、目と口を大きく開いてアナタをお待ち致します! 是非足をお運び下さい!

2009060602.jpg

 これがワタクシが今まで経験した中で、一番「怪奇現象」チックな経験であります。 お姉さまはあの後どうなされたのでしょうか…。

| 休息 | 16:01 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「第三回 Fussa House Of Music 音楽発表会」

2009060200.jpg

 ココのところ続いた雨で、すっかりバラの花も色が悪くなってしまいました。 最後に咲いていた赤バラは、変色する前に切って花瓶に。 コレ、一本のクキに咲いてるんです。 まさしくFour Roses。
 そんな梅雨の走りのような週末、先週の日曜日・5月31日は赤線のチキンシャックへ…HOT Lも散々お世話になっている、福生のインディーレーベル「Booster Records」の音楽教室である「Fussa House Of Music」の発表会。 

2009060201.jpg

 「VAN HEYSAN」、「ATs 69」などで活躍するギタープレイヤーのケンタロウ氏。 彼も音楽教室で講師を務めておりまして、いつもの「何か企んでるような笑い顔」ではなく、通常は絶対見せないような「優しいほほ笑み」が生徒に対してこぼれておりました…君の違った一面を見たよ。

2009060202.jpg

 お客様も大勢。 生徒さんは、下は8歳から上は38歳まで。 写真は38歳のTAKESHIのピアノの弾き語り…この男は本当に頑張り屋です。 因みにその8歳と38歳は、音楽教室では同級生。 一緒にピアノとお歌を練習しております。 8歳が弾くピアノに合わせて、8歳と38歳、そして20代のお姉さまの三人で歌う歌が素晴らしかった。 全体を通して言えますが、「エンターテイメント」として、見る方をちゃんと楽しませるライブになってたと思います。

2009060203.jpg

 トリの長代さん。 「Desperado」と「Let It Be」を、黒っぽいアレンジでのボーカル。 いい声なんです、彼。 Booster Recordsの講師の方のアレンジもバッチリで、めちゃくちゃカッコよかった。
 ワタクシこの二曲をはじめ、ギターの演奏・弾き語りの皆さん、そしてボーカル科の皆さんのバックバンドにて、Boosterの講師の方々に混じりまして、ベースでお手伝いして参りました。 先日ご紹介した、チキンシャックのギターバトルの準優勝の原田二号先生はじめ、ガラは悪いが優しい笑顔のケンタロウ先生、HOT LのアルバムBREATH(配信中!)の「Anyway」で鍵盤で参加して下さったスナオ先生と、さすが「先生」になられてる方は上手。 気持ち良く生徒さんのサポートをお手伝いして参りました。

2009060204.jpg

 ギター弾きの女の子達もカッコよかった。 ジュリアちゃん、チセちゃん、そしてまだ初めて一ヶ月の小夏ラモンの電撃バップ…会場も沸いておりました。 いつの日か、またお手合わせしたいですね…きっと上手くなっちゃうんだろうな。

2009060205.jpg

 記念撮影にも参加させて貰ったりして…。

 いやー呼んで頂いて光栄でしたし、何より楽しかった。 そして気持ちが良かった。 「音楽って良いな。」と改めて思いました。 初めて会った皆さんと、そして、初めてでは無いけど、一緒に演奏するのは初めての皆さん…高校生とか、大人の方とか、ガラの悪さを問わず、見てる方もひっくるめて、楽しんで、気持ちよくなって、笑顔になっちゃうんですね…「一つ」になっちゃう。 不思議なモノでございます。 記念写真も良い笑顔ばっかりだ。 ホント、素敵な夜でございました。 女子高生から、一流ミュージシャンまで、お友達も沢山増えたしね…一度一緒に音を出すと、話をしただけとは違うつながりが出来ると思うし。

 呼んでくれてありがとう、ノブ君。 ケンタロウ氏、スナオ君、原田二号、ガンちゃん、浅井さん、お世話になりました。

2009060206.jpg

 バラも、もう終わり。 もう6月でございます。 来週の土曜日は、音楽発表会とはガラリと変わって、叩いたら幾らでもホコリと体液が出てきそうな4人での、さわやかさがゼロなライブ…

 ★ HOT L-1 with ShinZi ★
 2009年6月13日(土曜日)
 チキンシャック/
福生 21:00~
 Door/¥2000 (w/1 Drink)
 w/オレンジマンタ, Hed Rot Pilli Cheppers
 今回のライブもken1欠席。 
 ギターバトルキングのShinZiを迎えての、「HOT L-1 with ShinZi Live!」
 いつもよりちょっとダークでブルージーなライブになると思われます。
 (何気に前回も…特に大人の男衆からはご好評を頂いちゃったりしてます。)
 秋山ボーカル目白押しのライブ! 是非遊びに来て下さい!


 通常HOT Lは7月に予定してますよ~。

| FUSSA/YOKOTA AIR BASE | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。